離婚公正証書作成ナビ 離婚に関するご相談・離婚協議書・離婚公正証書の作成について群馬・埼玉を中心にサポートしております。  

     
       

 財産分与とは

 
   
二人の結婚生活の中で協力して築き上げてきた財産をお互いの取り分として分配(清算)する
ことをいいます。この二人で協力して築き上げた財産とは二人で金銭を出し合って購入した
物という意味だけではなく、夫のみを名義人とした財産も結婚生活において妻の家事等の協力が
あってこそ産み出されたであろう財産は実質的共有財産として扱われることになり、その
貢献度に合わせ財産分与の対象となります。

また、財産分与は離婚の原因如何に関わらず発生するものでたとえ離婚原因を有するからと
いって財産分与が行われないというものではありません。
 
   
   

 財産の種類

 
   

 特有財産

 
結婚する前から各々が有していた財産や結婚していた期間内に各々が相続したり贈与を受けた
ものをいいます。
 
   

 共有財産

 
結婚生活を行ううえで必要として購入したような家財道具や家具等を指します。
このほか、名義上も共有名義として購入したものも当然、共有財産に含まれます。
 
   

 実質的共有財産

 
夫婦の共有名義とはなっていないが、結婚生活を行ううえで二人の協力があってこそ取得した
であろう財産を指します。これには夫名義のマイホームやマイカーなどが含まれます。
 
   
財産分与の対象となるものは共有財産、実質的共有財産であり、特有財産は原則対象とは
なりません。
 
   
   

 財産分与の割合

 
   
あくまで夫婦二人で築いてきた財産を分けることになるのですから当事者同士が納得した形で
あればどのような分け方をしたとしても問題はありません。一般的には妻が専業主婦だった
場合には30〜50%程度とされていますがそれ以外の例では概ね半分ずつに分けるということが
一般的のようです。
但し、どれだけ夫婦での生活に貢献したかが問題となりますので極端に貢献度が異なる
場合などはその割合に応じて決められています。
 
   
   

 財産分与の注意点

 
   
財産分与に関する話し合いがまとまったところで養育費同様に支払いが行われなければ意味が
ありません。支払い能力からみて一括での支払いが可能であればこれが望ましいかと思います。
期間が開いてしまうと心身的な焦りがなくなり始め、段々とおろそかになるものです。
また、離婚時は支払い能力があってもいつ支払者側の生活が困窮するかもわかりません。
仮に分割払いになる際でもできる限り、早い段階で全額を支払ってもらうことを念頭に
置いて決めておくことが望ましいです。
 
   
   
   
 
   
離婚協議書作成ナビ
公正証書メリット 養育費 財産分与
親権者 面会交流 慰謝料
 
その他メニュー
よくあるご質問 運営者のご紹介 報酬額一覧表
サイトマップ リンク メールフォーム

離婚協議書作成ナビ
群馬・埼玉・栃木を中心に全国対応!
運営:たき法務行政書士事務所
代表 岩瀧 永
群馬県行政書士会 所属
 
  〒379-2122
群馬県前橋市駒形町566-1-1F
TEL 027-289-8199 / FAX 027-289-8179
Email info@taki-office.net
営業時間 9:00〜20:00(土曜17:00)
休日 日曜・祝祭日・お盆・年末年始
     
Copyright(C) 2013    離婚協議書作成ナビ   All Rights Reserved.